• Kayo

魂のこよみ


ある方とのお話をきっかけに、シュタイナーの「魂のこよみ」を知りました。

その方があまりにも美しい方でしたので、

その世界を覗いてみたく、すぐにアマゾンで購入。

翌日には手元に届きました。



「魂のこよみ」には、

一週ごとに「こよみの句」が書かれています。

それは、

人間精神が一週一週の季節の気分の中で、

その都度自分の魂の季節のイメージを感じとれるように考えられている。

感じとることで、自己を認識することが問題。とありました。

本来はイースターから始めるものらしいのですが、

その方は、秋分を過ぎた「イースターからの半年後」からスタートするのだそう。


「ちょうど明日から始まるんです」とおっしゃっていました。



今まで、幾度となくシュタイナーに関することは話題に上がっていましたが、

その世界観を深く学んだことはありませんでした。

今がそのタイミングかもしれないと、「魂のこよみ」を自分なりにやってみようという気持ちになりました。

よくよく考えると、

イースターから半年後、ということは来週の日曜では?とふと気づき、

そこを確認してから始めようと思っています。

なにげに開いたページから、目に飛び込んできた一行。

「おのれを見出すために おのれを すてなさい。」第9週より

深いなぁ。。。

”一週ごとに示されるこよみの句は、

一年全体のいとなみの、部分としての各週を、魂に体験させてくれるであろう。

季節のいとなみと一つになった魂の中に鳴り響くものが、

こよみの句として表現されている。

自然の歩との力強い「一体感」、

そこから生じる健全なる「自己との出会い」が意図されている。” 第二版 まえがきより

これから、毎週の楽しみができました。

一年間楽しみます。

13回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

「自立する」ということ

自立ってすごく難しいとずっと思っていました。 本当に、本当に、心から「自立しなきゃ」 私が心底そう思ったのが20年ほど前。 ですが、未だに完全に自立できていない自分によく気づきます。 ちなみに、 今私が触れている「自立」というのは、 経済的自立ではなく、精神的自立です。 もちろん、経済的自立はとても重要。 それは百も承知。 自分の稼いだお金で自分の生活を営んで、 年金を払ったり(国民の義務)国保と