• Kayo

2020年6月の幸せカレンダー

こんにちは。

今日はAction for happiness より、6月の毎日の幸せ行動カレンダーのお知らせです。

今月のテーマは、「喜びの6月(たとえ困難な時だとしても)」です。 今月のお言葉は、“毎日が良い日とは限らないけど、毎日の中に何か良いことはある。" ~ アリス・モース・アール



緊急事態宣言が解除され、世間では新しい日常がスタートされたのではないでしょうか。

(引きこもり気味な私は、ロックダウン前、中、後、ともにあまり大きな変化がないのですが(笑))


日々の生活の中に喜びを見つけることは、とても簡単に幸せになる方法だと思っています。

私が「感謝日記」を推奨しているのも同じような理由です。


いつもは当たり前だと思っていることでも、改めて見てみたら結構感謝できることだった、

ということは、

日常に山ほど溢れています。


それを一つずつ、「ありがたいなぁ」と思うことで、

自分がいかに恵まれていて幸せなのか、という、

幸せ貯金ができます。


「幸せになる」って、

実は筋トレみたいなもので、

自分で「幸せだ」と思う時間を増やすことで、

どんどん幸せを感じやすくなる。

結果、

「毎日幸せ♡」な自分が出来上がる。


今月のお言葉は、まさにそのことを言っているように感じます。


毎日は、決していいことばかりではないけれど、

ちゃんと見てみたら、絶対に感謝できることがあるはず。


だって、

私たちはこの世に一人で生きているのではないのだから。


そんなことを改めて思い出させてくれるお言葉でした。


今月、

毎日の生活の中で、小さな喜びをたくさん見つけてみてください。




6回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

「自立する」ということ

自立ってすごく難しいとずっと思っていました。 本当に、本当に、心から「自立しなきゃ」 私が心底そう思ったのが20年ほど前。 ですが、未だに完全に自立できていない自分によく気づきます。 ちなみに、 今私が触れている「自立」というのは、 経済的自立ではなく、精神的自立です。 もちろん、経済的自立はとても重要。 それは百も承知。 自分の稼いだお金で自分の生活を営んで、 年金を払ったり(国民の義務)国保と