• Kayo

2020年4月の幸せカレンダー



こんにちは。

今日はAction for happiness より、4月の毎日の幸せ行動カレンダーのお知らせです。


今月のテーマは、”アクティブコーピング
”「世界は危機に瀕しています。 落ち着いて、賢く、親切に。」


今月のお言葉は、”どのような状況になろうとも、人間には一つだけ自由が残されている。それはどう行動するかだ”〜ヴィクトール・フランクル


これは、私自身が苦しかった時に、生きる支えとなってくれた言葉の一つです。

ヴィクトール・フランクルは、オーストリアの精神科医で心理学者です。

ナチス強制収容所での体験を元に著した「夜と霧」は、日本語を含め17か国語に翻訳され、今もなお読み継がれています。

ご興味のある方はぜひ。


さて、

終息が見えないコロナウィルスですが、

私の住む宮崎県では、ウィルス感染者は3名(4月3日現在)で、

自宅待機要請なども特に出ていないので、生活に大きな変化はありません。


反面、

カリフォルニアに住むクライアントさんは、30日の外出禁止が更にもう30日延長されたと嘆いていました。

弁護士なのに、刑務所にも裁判所にも行けないそうです。


同じくCAに住む別の友人も、自宅で仕事をしていて、けっこうなストレスだそうです。

ただ、まだ仕事があるだけましだとも言っていました。


インドに住む友人も、1ヶ月のロックダウンの真っ只中。


オーストラリアの友人も、イギリスの友人も、

最近話をした友人たちは皆、外出禁止の状態でした。



日本の状況は、と聞かれ、

外出禁止令は出ていないし、お店も普通に営業している。という状況を伝えると、

皆とても驚きます。


海外の現状を聞くと、

日本と海外のこの温度差はなんなんだろう、、、と違和感を感じますし、

これから大変なことになるのではないだろうか、という気もしています。


怖がりすぎる必要はないと思っていましたが、

志村けんさんが亡くなったことで、

私の中で、コロナウィルスが一気に現実味を帯び、「恐い」と感じました。


なにはともあれ、

落ち着いて、今の環境で私にできることをやるしかないです。


あなたにも、今月のカレンダーが役立ちますように。







5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

「自立する」ということ

自立ってすごく難しいとずっと思っていました。 本当に、本当に、心から「自立しなきゃ」 私が心底そう思ったのが20年ほど前。 ですが、未だに完全に自立できていない自分によく気づきます。 ちなみに、 今私が触れている「自立」というのは、 経済的自立ではなく、精神的自立です。 もちろん、経済的自立はとても重要。 それは百も承知。 自分の稼いだお金で自分の生活を営んで、 年金を払ったり(国民の義務) 国保