• Kayo

食べる輸血!ビーツのポタージュ

最終更新: 2020年10月7日


食べる輸血と言われているビーツ。


ナトリウム、マグネシウム、リン、カリウム、カルシウム、鉄などの必須ミネラルがたくさん含まれています。


さらに、ビタミンA、C、ナイアシン、ビオチン、葉酸などのビタミンB群も豊富。


その上、ベタシアニン ベタイン、ベタキサンチンなどの抗酸化物質もたくさん。

と、めちゃくちゃすごい奴。



最近注目されているのは、

ビーツを摂取することにより体内で産生される「NO(一酸化窒素)」

血行を改善すると同時に、血管をやわらかくする働きがあります。


血管の中で血栓の発生を防ぐともいわれており、動脈硬化の予防につながります。


血行を改善することは、持久力アップや疲労回復にも効果を発揮し、

さらに基礎代謝のアップにもつながるので、

運動能力のアップのほか、ダイエット効果も期待できますよね。



スープはもちろんのこと、

蒸してマリネにしてもよし、

グリルしてシンプルに食べてもよし、(私は生でサラダにもしてしまう)

とにかく美味しくて栄養満点のすごい奴です。



今日は、ビーツのポタージュのご紹介です。

圧力鍋を使うと、時短の上、簡単にポタージュができますので、

お試しください。



材料(お好みで増減してください)


ビーツ 2玉

玉ねぎ 1玉

にんにく 1片

生姜  親指くらい

ココナッツミルク 私は1缶(400ml)を用意しておいて好みで伸ばしています。

海塩が岩塩 お好みの量(私はピンクソルトを使用)

ブラックペッパー(お好みで)



1、にんにくと生姜をみじん切り、玉ねぎを薄切り、ビーツはくし切りにしておきます。


2、圧力鍋で、にんにくと生姜をココナッツオイル(オリーブオイルも○)で香りが出るまで炒めます。


3、2に玉ねぎを追加し、少し塩を振ってしんなりするまで炒めます。


4、圧力鍋に2の玉ねぎ、生姜、にんにくを残したまま、蒸しざるをを使ってビーツを蒸します。


5、蒸しあがったビーツと、3を一緒にブレンダーに入れ、ココナッツミルクを入れ攪拌します。


6、塩とブラックペッパーで味を整えて出来上がり。




ブレンダーは使うものの、

圧力鍋だけで、炒めから蒸し、温めまで完了するので楽チンです。


仕上げに、隠し味に酸味を足しても美味しくなるので、

お好みでレモン果汁を少し垂らしても○。


Enjoy!




10回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示