BLOG

ブログ

/

BLOG

  • Kayo

「そういうことってあるよね。」の魔法

更新日:4月24日

先日、ネットで購入した商品に不備がありませした。


届いたらすぐ使おうと待ちわび、

受け取った途端にワクワクしながら箱を開け、

さあ、使うぞ!

と思ったところが、付属が足りず使えませんでした。


当然、

「なんじゃそりゃ!」となり、

早速その会社に電話をしました。


イラッとしたとはいえ、


マインドフル、マインドフル、

と、心がけ、


怒るこっちゃない。

穏やかに、穏やかに、



「相手を尊重しながら、主張を伝える」

ということをやってみました。



穏やかーに言いながらも、

楽しみに待っていた分、腹は立っていて、


でも、カスタマーセンターの方は丁寧に対応してくれていて、、、


この怒り、どうしたものか、、、


と、ムラムラしていた時、

ふと、脳裏にある言葉が浮かびました。



「そゆことあるよね〜」



自分で思い浮かべておきながら、

え?と、自分で聞き返しつつも


「そうだよね、こういうことってあるよね。」

と、

自分自身でも妙に納得してしまいました。



すると、


一気に体の中で何かが緩んで、怒って硬くなっていた筋肉が緩んで、(緩んだから、体が硬くなっていたのだと気づいた)



私を包むエネルギーが一気に変わった感じがしました。(エネルギーって、、、でもそれ以外の言葉が見つからない(−−;))


一瞬で身体が楽になり、心も軽くなってしまったのです。


まるで気分の良くなる魔法にかかったように。



そして、

「そうだよね〜。こういうこと、あるよね〜。

思い通りにならないのが人生だよね〜」

と、言いながら、

くすりと笑ってしまいました。




日々生活していれば、うまくいくこともあれば、うまくいかないこともある。

思い通りになる日もあれば、

ならない日もある。


それって、とても当たり前なことなんだ。と、

こんな当たり前のことに改めて気づきました。


そして、


当たり前のことにいちいち腹を立てていたら、

体がいくつあってももたんわ(笑)


そう思ったのでした。


こうやって、

日々の些細な腹立たしいことを、

許せるようになってきて、


そして、腹さえ立たずになるくらい、

許容範囲が大きくなってくれれば、

生きるのが益々楽になるよね。と、

ニヤニヤ。


だって、

全てが思い通りの日常って、ある訳ないんだから。


そんな当たり前なことを忘れて、、、


、、、いや、忘れてたんじゃなくて、

本当のところで気づいてなかったんでしょうね。


わかっているつもりでいても、

ちゃんと心と身体がわかってないことって、

よくあるよね〜。(と、バカだと自己批判せずに、また使う)



これってけっこう使えるワードだわ。

と、

私の技の1つに加えることにしました。



全てに通用する訳ではないだろうけど、

結構イケるはず。



全ての体調不良を、

「更年期だから〜(笑)」で片付けて、

全て笑って済ませるのと同じくらいに、

かなり使える技だと期待しております(笑)


どうぞお試しあれ。




0件のコメント

最新記事

すべて表示

Contact

お問い合わせ

ご予約・お問い合わせは、こちらからご連絡ください。