​バッチフラワー にゃんこセラピー

バッチフラワーレメディによる猫のためのセラピー​​

にゃんこの心のケアをしていますか?

「感情が病の原因」

フラワーレメディの生みの親、バッチ博士はそう考えました。

私たち人間が、

心の傷やストレスから病気になってしまうのと同じように、

​動物も、心理的ストレスから様々な症状が出てくるという考え方があります。

病院に行った後いじける子

どこも悪いところがないのに元気がない

新しい子がきたら粗相をするようになった先住さん

他の子と上手に交われない子

いつも怖がってばかりいる子

急にご飯を食べなくなってしまった子

これらのことから、

様々な感情が見えてくるのではないでしょうか。

猫たちは、ことばで伝えられないことを、

泣き声や行動で伝えているのかもしれません。

 

あなたの猫ちゃんを観察してみませんか?

大切なにゃんこをきっと癒してあげれるはずです。

【セッションについて】

1、このセッションは、zoomを使ったオンラインセッションとなります。ご希望の日程をいくつかご提示いただき、予約日を決定します。料金を指定口座にお振込みいただき、予約完了となります。 

 30分3900円(ボトル代込み、別途送料)

ご予約完了後、メールかファックスで問診票をお送りします。

 

 

2、問診票にご記入いただきましたら、メールかファックスでセッションの前々日までに返信ください。こちらから、オンラインセッションのリンクを送信いたします。

(例:2月8日セッション予約の場合→2月6日中に返信)

 

3、予約時間になりましたら、リンクから入室ください。

詳細をお伺いし、レメディを調合してトリートメントボトルを作成します。猫ちゃん本人もご同席いただけますし、飼い主さまのみでも問題ありません。どちらでもご対応可能です。

ボトルはセッション当日中に発送いたします。

(送料別途 定形外郵便:220円~350円 レターパックプラス:520円)

​※ご確認ください

・にゃんこセラピーでは、人間に使用するものと同じアルコールベースのレメディを使用しています。

(海外の獣医の臨床現場でアルコールベースのものが問題なく使用されているため。)

トリートメントボトルに含まれるアルコールのパーセンテージは0.1%未満と言われており、極微量のアルコールを猫ちゃんが服用することになります。欧米の臨床では問題ないとされてますが、ご不安に感じる方はセッションをお控ください。

・飼い主さん本人がレメディを服用することで、より効果が上がるケースがあります。

ご自身で猫ちゃんと同じレメディーを必要だと感じたり、対応したレメディーが必要だと感じられる場合がありますが、

にゃんこセラピーのセッション内での飼い主さまへのレメディのご提供はしておりません。

別途フラワーレメディセッションをご予約ください。

にゃんこセラピーお申し込み

送信ありがとうございました